セフレ希望者の男女比率

『セフレ』・・・なる言葉を聞いたことはありませんか?セフレという略称で流行っているこの関係は、文字通り“セックス”を中心に交流する異性関係です。
セフレ、セフレ以外の呼び方としては、セクフレ、ヤり友(達)、セフレなんかが有名ですね。
ローカルで使われている隠語も含めると、セフレの呼び名は数え切れないほどあります。
さて、異性とセックスを行う関係には、セフレとは別に、お馴染み“恋人”がありますが、セフレと恋人は全く別物といえます。
セフレには、精神的な感情が一切絡まないからです。
故に、恋人関係の煩わしさから逃れるためにセフレという関係を選択する男女は年々増加傾向にあります。
恋人とは違い精神的な負担なく、またプライベートに干渉されることもない=割り切ったお付き合いが可能なセフレですが、世間の風当たりはまだまだ強めです。
日本人は、基本的に石頭ですからね。
この風当たりは、当分続くと予想されます。
余談ですが、セフレ希望者の男女比率は『男性多数:女性少数』となっています。
女性にとっては買い手市場なので、気になる女性はセフレサイトを覘いてみてください。
掘り出し物が見つかるかもしれません。

掲示板の情報収集は正しく

友達募集掲示板でサクラの被害に遭ったり業者に騙されないようにするためには、事前に比較サイトや大手掲示板などで情報収集をしておくことは常識ですが、その際にサイトに記載されている情報を鵜呑みにしてしまってはいないでしょうか?どれだけ情報収集をしたところで、そのなかから真実だけを見抜く目を持っていなければ、結局は騙されてしまう結果になるのです。
比較サイトにも色々な傾向がありますから、そのなかで参考になりそうな情報を選ぶだけでも大変ですが、口コミや評価の真偽はそのうちある程度分かるようになってきますから、まずは色々な情報に中立的な目線で目を通していくのが大事です。
その比較サイトはいったい誰がどのような目的で作ったのかというのも探れるようになれば、そのサイトに掲載されている情報の真偽も判断できるようになります。
このように比較サイトでも決して油断をしないように、正しい情報収集ができるようになっていきましょう。

セフレと出会うためには?

セフレと出会うために出会い系サイトを使っている人もいますが、当然のことながら女性も利用しているのです。
もちろん、女性の利用者がいなければ男性は出会うことができませんが、なぜ利用しているかという理由に疑問を持つ人は多くはないようです。
女性が出会い系サイトといった場所を利用しているのは不思議ですが、利用している理由も人によって違っているようです。
男性がこういったサイトを利用しているのは当然ともいえ、風俗店と同じと考えればそこまで不思議なことでもありません。
しかし、女性がそういった場所に興味を持つということもなかなか考えられることではありません。
本当は男性と出会いたいと思っている女性がいても、男性はそのことを知らないことのほうが多いのです。
男性にとっては、出会い系サイトを利用していてセフレと出会うことができるのかどうか、またどのような女性と出会えるのか不安に思うこともめずらしくはないと思われます。
ですが、女性といっても普通に男性と出会いたいと思うことはありますし、それが普通なのです。
利用している人の中にも男性と会話していくのが得意ではないという女性もいるので、メールでのやりとりにも気を使うようにしましょう。

彼女も居てセフレも居ます

僕はセフレが一人だけいます。
そして大切な彼女もいます。
すごく欲張りなことはわかっているのですが、セフレとの関係がやめられずにいます。
セフレと出会ったのはとある出会い系サイトでした。
彼女とけんかをしていてむしゃくしゃしているときに出会いました。
出会い系サイトで本当に出会えるなんて思っていなくてなんとなくメールができる相手ができればいいかなと思っていました。
それが簡単に出会えてしまったのです。
出会い系サイトなんてサクラやひやかしばかりだと思っていたので正直びっくりしました。
そのセフレになった女性は掲示板でセフレを募集していました。
それに興味を持ち連絡してみると返事がきてお互い直接連絡を取り合うようになりました。
セフレを募集していたのですることは一つなので話はすごく早かったのです。
そして会って体の関係を持ちました。
彼女とは最近けんかばかりで、セックスは全然していなかったので、すごく刺激的で癒されました。
たまには彼女以外の女性とセックスをすることは刺激にもなっていいなぁとおもいました。
しかもセフレとの体の相性もばっちりなので彼女とのセックスよりもしかしたら良いのかもしれません。
なので彼女とお付き合いもしつつセフレともセックスをしています。
もちろん彼女にも、セフレにも本当のことは話していません。

秘密が守れる人がセフレには打ってつけ

セフレを欲しいと思って探し始めても、すぐに相手を見つけられるとは限りません。
もしかするとなかなかセフレを見つけることが出来ず、諦めそうになる人もいるでしょう。
苦労をして見つけることが出来れば、当然ですがその相手とは長く関係を続けていきたいのではないでしょうか。
次の相手がすぐにでも見つかるのであれば気にならないでしょうが、そういった状況なのは女性だけで、男性はなかなか相手を見つけられないものです。
簡単に相手を見つけられる女性は、セフレ相手と長く関係を続けたいという気持ちがあまり無い人もいるのです。
そんな相手では、男性としてもせっかくのセフレなのに、いくら頑張っても関係を続けていくことが難しい相手の時もあります。
ですが、女性の中にも男性と同じように、セフレとの関係を長く続けていきたいと思っている人もいるのです。
そういった女性とセフレになることで、男性としても関係を続けて行きやすいでしょう。
その相手がどういったタイプかというと、既に結婚しているなど特定の相手がいる女性なのです。
独身でフリーの女性の場合には、どうしてもセフレとの関係を秘密にしなくてもいいと考えている人がいるのです。
それに比べると、結婚していれば当然ですがセフレとの関係を秘密にしたいと思うでしょう。
誰にもばれたくないと思えば、むやみにセフレを変えるようなことはしなくなるのです。
そういった女性であれば、セフレとの関係を長く続けたいと思うことが多いのです。
もちろん男性を選ぶときには、秘密が守れそうかどうかも基準に入ってくるので気をつけましょう。

羨ましい体験をしているセフレサイト

いろいろな出来事を体験談にしている人がいますが、そういった中には到底信じられないものもあります。
自分でも同じような体験が出来なければ信じないという人もいるかも知れませんが、珍しい出来事だからこそ体験談としての意味があるのかも知れません。
こういった体験談などは出会い系サイトに関するものもたくさんあります。
そういた話を読んでみると羨ましい体験をしている人がいますから、自分でも同じ体験が出来ると簡単に思ってしまうかも知れません。
ですが、実際はそういった体験談と同じ行動をしても、結果まで同じになることは珍しいのです。
普通は全く違った結果になってしまい、体験談が嘘だったのでは無いかと思うようになるのです。
ただ、こういった話の中には真似をしても意味がないものもありますが、参考に出来る部分もあるのですから、そういった部分を注意した方がいいのです。
ある男性も体験談を読むまでは、なかなか女性を見つけることが出来ないでいたのです。
その男性は童貞だったのですが、その事が気になってしまい、積極的に女性にアプローチできなかったのです。
自分から積極的に動かなければ、出会い系サイトでは相手を見つけられなくても仕方がありません。
その男性も体験談を読んでいたのですが、その時に童貞をアピールして女性を見つけたという話があったのです。
それを読んでから、ダメ元で童貞を売りにしてみたそうなのですが、そうすると見事に女性を見つけることが出来たというのです。
こういった場合もありますから、全てが無意味な話では無いのです。


公開日:

0049.
女性も男性もセフレが目的で登録

セフレを見つけるためにたいていの人は声かけなどをするのではなくネットを

0061.
セフレとのお互いの価値観

セフレとお互いの価値観や生活などをきちんと認め合うようにするということ

→もっと見る

PAGE TOP ↑